わからないことは何でも聞いてください
                「こんなことで受診したら迷惑かしら?」 「こんなことを聞いたら笑われないかしら?」という心配はご無用です。
                 子育ては初めての連続で、いろいろなことが心配の種になり
ます。一人で悩んでいないで、なんでもご相談下さい。
                 また、医師に聞きにくいこと、聞き忘れたことは看護師にお尋ね下さい。家に帰ってから気になったら、電話でも
                  いいですよ。
加地はるみ               日本小児科学会専門医 
                   
日本アレルギー学会専門
   
  昭和大学医学部大学院卒業
昭和大学小児科入局
昭和63年より都立八王子病院喘息専門外来担当

平成3年より加地医院常勤
 
   
       
 
    小児科一般診療に加え、舌下免疫療法・食物アレルギー・アトピー性皮膚炎・喘息・
エピペン注射など、小児のアレルギー全般について専門医が診療いたします。
   
診察時間
9:30~12:00
9:00~
15:30~18:00
月曜日午後は、小児科一般診療のみとなります。舌下免疫、エピペンの処方などは、
   できません。
 
 
      ●初診の方    
         
       代表電話 042-651-5341 に、ご連絡ください。    
         
      〔来院時にお持ちいただくもの〕    
         
         ・健康保険証
     ・医療証
     ・母子手帳
   
             
      診察券をお持ちの方    
         
         ・予約はパソコン、スマホ、ケイタイからとなります
  
         ・予約受付時間  午前 700 1145 / 午後 1400 1730
     
          ◎ご予約の時間・順番に関わらず、午前は12時まで、午後は18時までに来院し
    医院窓口での受付を、お済ませください。
         
          ◎ご都合で来院できなくなった場合は、予約の変更・取消しをお願いいたします。
         その時間をお待ちの患者様がいらっしゃいます。
   
         
          ◎住所、電話番号などが変更になったときは、来院時に必ず受付にお申し出ください。
         大切な連絡や手続きを行なうことが、できなくなります。
   
         
          喘息発作やけいれんなどの緊急時は、予約は不要です。
         代表電話 042-651-5341 に連絡して、ご来院ください。
   
         
        
         
診察時間
9:00
14:00
   ◆測定がありますので、開始時間の10分前までにご来院ください◆
 
       
    予約は1ヵ月前から、代表電話 042-651-5341 で受け付けています。  
       
    67ヶ月健診と910ヶ月健診は、市の健診票があれば無料です。
    その他は有料になります。
 
       
    *健診の時間にお薬を出すことは、できません。
   ゆっくり時間をかけた診察ができないことと、他の患者様の待ち時間が長くなるためです。
 
       
       
   
診察時間
9:00~9:30
14:30~15:30
 
       
    予約はパソコン、スマホ、ケイタイからとなります。
     
    予約は接種希望日の1ヶ月前から取ることができます。  
     
    予防接種と診察の両方をご希望の場合は、予防接種の予約は取らずに、診察の
    予約をお取りください。予防接種の時間は、診察を行なっていません。
       
    お勧めする接種の順番についてはVPDのホームページ『KNOWVPD
    ご参照ください。
 
       
   ●当院がお勧めする予防接種の受け方(1歳未満のお子様)

生後2ヶ月になったら、Hib(ヒブ)ワクチン、肺炎球菌ワクチンを接種しましょう
    Hibと肺炎球菌による髄膜炎は、生後3ヶ月から1歳までが全体の約半数を占めることから、生後2ヶ月
からの接種が大切となります。また、集団保育は感染の危険が2~3倍になるので接種時期について、より
いっそうの注意が必要です。
ロタウイルスワクチン(ロタリックス、ロタテック)とB型肝炎ワクチンについては、同時接種をお勧め
します。
 
生後3ヶ月になったら、4種混合ワクチン(三種混合+不活化ポリオ)を接種しましょう  
    生後3ヶ月~6ヶ月未満の乳児は重症化しやすいことから、生後3ヶ月になったらすぐに4種混合ワクチン
を接種しましょう。
 
  BCG  
    BCGは生ワクチンなので、接種後4週間は他のワクチンの接種ができなくなることから、Hib、肺炎球菌、
四種混合の何れか2種類の接種が終わってからの接種をお勧めします。
なお、接種期限は生後11か月(1歳前日)までですので、ご注意ください。
 
  B型肝炎ワクチン  
    母子感染の他に水平感染(家族間や保育園などでの感染)や、性行為で感染することもあります。先進国の
多くが全ての子供に接種しています。
年齢が低いほど免疫の付きが良いです。出生直後から接種できますが、生後2ヶ月にHibや肺炎球菌と同時
に接種することをお勧めします。
 
  ロタウイルスワクチン  
    ロタウイルスによる胃腸炎は、嘔吐・下痢に伴う脱水や合併症での入院のリスクが高い病気です。ワクチンに
より、胃腸炎の重症化を予防することができます。初回接種は、生後14週6日までに受けてください。
 
       
   ●当院では複数のワクチンの同時接種をお勧めしています

同時接種のいちばんの利点は、複数の病気に対する免疫を早期につけられることです。多くの研究結果から、
「同時接種を行なっても有効性が低下することはない」ことや「重い副反応が起こりやすくなることはない」
ことが、わかっています。
日本では混合ワクチンの種類が少ないので、同時接種により、1回で複数の免疫をつけるしかありません。
  歳になったらMR(麻疹風疹混合)、水痘、おたふくワクチンを接種しましょう  
    これまで水痘とおたふくかぜワクチンは1回接種でよいとされてきましたが、水痘ワクチンは1回では
免疫がつかず、病気にかかってしまう人が少なくないことから、3~4ヶ月間隔での2回接種をお勧め
します。
おたふくかぜワクチンも、年月が経過するうちに免疫力が弱くなる可能性があるので、小学校入学前に
1回追加することをお勧めします。
 
 
 
 
   ●インフルエンザ予防接種の接種回数について
   
当院では5歳以上は原則として1回としています。ただし、これまで1回もインフルエンザワクチンを

接種したことがない方は、2回接種してください。
ワクチン接種回数による血液中抗体価上昇の研究により、5歳以上では1回の接種で80%の人が有効
抗体価を獲得できることがわかりました。また2回接種しても有効抗体価まで上がらない人も10%
程度います。
B型インフルエンザに関しては、2回接種しても効果は乏しいです。
有効抗体価を獲得しても、絶対インフルエンザにかからないというわけではありません。ワクチンに
より血液中の抗体価を上げることはできても、気道粘膜局所の免疫ができるわけではないからです。
しかし、肺炎や中耳炎などの合併症を抑える効果はあります。
インフルエンザワクチンの接種は、重症化の予防と考えるのがよいでしょう。
   
       
 
 
 
© KAJIIIN  
診察 八王子市 健康診査 高齢者肺炎球菌ワクチン HOME 皮膚科 子育てアドバイス アクセス 救急・休日診療 リンク 子供の病気